大阪で主流な風俗

胸の形がキレイ

大阪には昭和の時代にもセクキャバは少なくありませんでした。そして平成の時代に入り、サービス内容が大きく変わってきました。かつては過激なサービス内容がセールスポイントだったものの、それではほかの風俗店と差別化できないということで、ソフトサービスが主となりました。お酒を飲みながらソフトサービスを楽しむことができるというのが大阪のセクキャバの特徴になります。キャバクラと風俗店の中間に位置するのが大阪のセクキャバであり、一つのジャンルとしてしっかり確立されています。お酒を飲むのみでは物足りないと思う方のニーズにマッチしていると言えるでしょう。大阪で主流となっており、多くの方が求めるからこそ、店舗数が多くなってきました。

大阪のセクキャバのサービス内容は大きく変わりました。これからさらに変わる可能性は否定できないものの、低いと考えられます。今の時代においては、風俗店は数多く存在しており、ニーズにマッチしている選択は決して難しくはありません。そんな中で大阪のセクキャバが経営をしていく為にはセクキャバならではの楽しみがないといけないと言えます。今現在、大阪のセクキャバではお酒を飲みながらソフトプレイを楽しむというスタイルが定着しています。決して風俗店並みの過激なサービス内容ではないものの、そこまでは求めていない方にとってニーズにマッチしていると言えます。だからこそ、大阪にこれほどまでセクキャバが多くなったと言えます。

自由が利く

俺はわりと早漏な方で、ホテヘル、デリヘルを呼んでも、すぐに逝ってしまう時がある。
そういう時は、ホテルで出前を取ったりして、お姉ちゃん達と、一緒に食事をしたりする。ちょっとした、コミュニケーションタイムみたいなものだ。
お腹がすいている時は、先に出前を頼んでおいて、エロエロプレイをし、逝ったくらいに丁度出前が届いたりして、エロエロプレイの終了後、一緒にうどんをすすったり、親子丼を食べたりする。

何だか、そういう事をしている時は、本当にこのお姉ちゃんは、風俗嬢なんだろうかなんて思ってしまう。
俺の彼女なんじゃないかって、ワケの分からない妄想をしてみると、ドキドキしてきて、楽しかったりする(笑)

これが、店舗型の風俗だったら、プレイする個室は、風俗特有の装飾がされてあったりして、いかにも風俗っていう感じなんだろうし、出前だって、注文することはできないけど、自分が出張で宿泊しているホテルで、そういう行動をしていると、そのお姉ちゃんが風俗嬢だということを忘れてしまう。
何だか、イメクラで恋人プレイを指定した時以上に、恋人気分を味わえるんだ(笑)

普段は家で真面目にお父さんをしている俺も、若い頃の自分を思い出して、若返ったような気がする(笑)

性感エステがうけた訳

ハイソックスを履いている

近年、どんな風俗よりも注目されているのは性感エステ。ハンドサービスで性的な快感を得られるだけでなく、マッサージで癒やしてもらえるという点が、主にサラリーマン層にウケています。

デリヘルが主となる

色っぽい女性

観光や出張で高松を訪れた人のために、ホテルへの出張も行っているのが同地のデリヘルです。高松には大きなグループを形成しているデリヘルの有名店もあり、誰もが楽しめるようになっています。

一つのジャンルとして確立

セクシーな姿

大阪の「ホテル街」のひとつは、堺にあります。エッチな雰囲気を漂わすラブホテルが建ち並ぶこの街では、そんなホテルを活かしたプレイを楽しめるホテヘルが大人気となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加